世界の感染者、また最多更新 週に1874万人、WHO「正念場」

新型コロナウイルスオミクロン株

ローマ=大室一也
[PR]

 世界保健機関(WHO)は18日、新型コロナウイルスオミクロン株の感染が世界的に広がるなか、16日までの1週間に確認された世界の新規感染者数が約1874万人だったと発表した。過去最多だった前の週から2割増えた。テドロス事務局長は会見で「多くの国で、医療従事者や保健システムにとり、今後数週間がまさに正念場となるだろう」と危機感を示した。

 世界の6地域別では、ロシアや中央アジアを含む「欧州」が最も多い約828万人、北米と南米を合わせた「アメリカ」が約720万人で続いた。前の週からの伸び率は、インドやインドネシアなどの「南東アジア」が145%増で一番高かった。

 また、テドロス氏は、WHOなどの主導でワクチンを共同調達し、途上国にも公平に分配する国際的な枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」による供給が15日、10億回分に達したことを明らかにした。

 同氏は、WHOが14日、新型コロナに感染した患者の治療薬として、関節リウマチ薬「バリシチニブ」と抗体医薬「ソトロビマブ」を薦めると発表したことも紹介した。(ローマ=大室一也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]