埼玉・白岡の住宅で男子中学生死亡 顔にあざ、県警が死亡の経緯捜査

[PR]

 埼玉県白岡市の住宅で、この家に住む男子中学生(15)が意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で18日に死亡が確認された。捜査関係者によると、生徒の顔にはあざがあり、体にもけがをした痕があったといい、県警は司法解剖を実施するなどして、死亡した経緯を調べる。

 久喜署によると、母親が15日午前4時50分ごろ、生徒が寝ていた部屋をのぞいた際、室内で倒れているのを発見。「息子が意識がもうろうとした状態で倒れている」と119番通報したという。