数Ⅰ・A、過去最低の40点 共通テスト平均点、中間集計を公表

三浦淳
[PR]

 15、16日に行われた大学入学共通テストの平均点(中間集計)を、大学入試センターが19日午後、発表した。予備校や受験生から「昨年よりも難しくなった」との声が出ていたが、昨年の確定結果と比べると、数学Ⅰ・Aが17・43点低い40・25点、数学Ⅱ・Bが14・04点低い45・89点、生物が22・56点低い50・08点となるなど、理系科目を中心に平均点が下がった。

 他の科目では、日本史Bが9・34点低い54・92点、化学は8・14点低い49・45点。国語は8・72点低い108・79点だった。

 1990年に始まったセンター試験以降の確定結果と比べると、数学Ⅰ・A、化学、生物などが現時点では過去最低となっている。平均点の最終集計は2月7日に発表される予定。

 英語はリーディングが4・49点高い63・29点、リスニングは4・4点高い60・56点。世界史Bと現代社会も昨年よりも平均点が上がり、それぞれ68・01点、63・13点だった。

 一方、29、30日に47都道府県で設定されている追試験の受験は、1657人が認められた。

 南太平洋のトンガ諸島で起きた海底火山の大規模噴火で16日未明に津波警報・注意報が出されたことを受け、岩手県立大宮古短期大学部の会場では16日の試験が中止となったため、同会場で受験予定だった受験生181人は再受験の対象となった。(三浦淳)

大学入学共通テスト(15、16日実施)の平均点

※中間集計。教科名の後のかっこ内は配点、平均点の後のかっこ内は昨年の得点調整後の平均点。★はこれまでの確定平均点と比べて過去最低、☆は過去最高

【国語(200点)】

●国語       108・79(117・51)

【地理歴史(100点)】

●世界史A     47・59(46・14)

●世界史B     68・01(63・49)

●日本史A     41・43(49・57)

●日本史B     54・92(64・26)

●地理A      53・65(59・98)

●地理B      61・15(60・06)

【公民(100点)】

●現代社会     63・13(58・40)

●倫理       63・70(71・96)

●政治・経済    58・98(57・03)

●倫理、政治・経済 69・89(69・26)

【数学①(100点)】

●数学Ⅰ     ★22・86(39・11)

●数学Ⅰ・数学A ★40・25(57・68)

【数学②(100点)】

●数学Ⅱ      35・15(39・51)

●数学Ⅱ・数学B  45・89(59・93)

●簿記・会計    47・20(49・90)

●情報関係基礎   59・84(61・19)

【理科①(50点)】

●物理基礎     31・46(37・55)

●化学基礎     29・08(24・65)

●生物基礎    ★25・15(29・17)

●地学基礎    ☆36・59(33・52)

【理科②(100点)】

●物理       61・97(62・36)

●化学      ★49・45(57・59)

●生物      ★50・08(72・64)

●地学       54・75(46・65)

【外国語(100点)】

●英語リーディング 63・29(58・80)

●英語リスニング  60・56(56・16)

【外国語(200点)】

ドイツ語     126・73(119・25)

フランス語   ★115・16(129・68)

●中国語      166・25(160・34)

韓国語      139・73(144・87)

大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]