トヨタ「堤工場」がコロナ感染で一部停止 1500台の生産に影響

[PR]

 トヨタ自動車は19日、従業員の新型コロナウイルス感染により、愛知県豊田市の堤工場の第2ラインで昼間の操業を、19日から22日まで一時停止すると発表した。感染の拡大を抑えるためだという。夜間の操業は続ける。操業の再開は、今後の状況を見ながら判断するという。

 トヨタによると、この工場で働いていた20~40代の男性従業員14人の感染が18~19日に判明した。

 このラインでは「カムリ」や「カローラスポーツ」などを生産している。今回の停止で、約1500台の生産に影響が出るという。