• アピタル

関西3府県、重点措置の共同要請で一致 3知事がオンライン協議

[PR]

 新型コロナウイルスの感染者が急増している大阪、兵庫、京都3府県の知事は19日、いずれかの府県が「まん延防止等重点措置」が必要だと判断した場合、一体で政府に重点措置適用を要請することで一致した。

 大阪府は確保病床の使用率が35%に達した時点で要請する方針を示している。大阪府の18日の病床使用率は29・0%で、今週中にも35%に達する見込みだ。

 大阪府の吉村洋文知事、兵庫県の斎藤元彦知事、京都府の西脇隆俊知事はこの日、オンラインで協議した。3知事はこれまでも「京阪神は経済圏域が一体」(吉村氏)などとして足並みをそろえて対応する必要性を強調していた。

 18日の新規感染者は、大阪府5396人、兵庫県1645人、京都府1024人で、いずれも過去最多となった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]