運航見合わせ、機種変更…… 5Gめぐる問題、世界の航空会社が対応

有料会員記事

ソウル=神谷毅、台北=石田耕一郎、ドバイ=伊藤喜之、ニューデリー=奈良部健、シンガポール=西村宏治、ハノイ=宋光祐
[PR]

 米国で高速通信規格「5G」をめぐって航空会社側と通信会社側が対立している問題で、米国便を運航する各国の航空会社も対応を取り始めた。

 韓国の大韓航空は18日夜から、韓国発米国行きの旅客機を、5Gの影響を受ける可能性が指摘されるボーイング777型機から787型機に変更して運航を始めた。

 19日午後以降に韓国を発つ便の機種も同じように変更して対応する。ただ、同社の関係者は「今は影響は出ていないが、長期化もありえるので状況を注視している」と語った。

 韓国のアシアナ航空によると、影響を受ける可能性がある機種を運航していないという。

「電波高度計に干渉があったとの報告はない」

 韓国科学技術情報通信省によ…

この記事は有料会員記事です。残り1345文字有料会員になると続きをお読みいただけます。