元ゴルフ場のスーツケースから人の胴体 死体遺棄容疑で捜査

津布楽洋一
[PR]

 19日午後0時半すぎ、栃木県日光市長畑で、人の胴体が入ったスーツケースが見つかった。頭部や下半身は見つかっていない。年齢や性別は不明で、栃木県警は死体遺棄事件として捜査している。

 県警によると、スーツケースはかつてゴルフ場の敷地だった場所にあった。縦約70センチ、横約60センチで、遺体は頭部と両腕、腰から下が切断された状態だった。胴体は段ボールなどに包まれた状態でスーツケースに入っていたといい、2メートルほど離れた場所では肉片が入ったスポーツバッグもあった。

 身元が分かるようなものはなく、県警は捜査本部を設けて捜査する。(津布楽洋一)