第25回敬虔な家に育った私 パーティーの夜更け、短髪の彼女に迫られたキス

有料会員記事

ダックス〈仏南西部〉=疋田多揚
[PR]

連載「それでも、あなたを」 フランス編①

連載「それでも、あなたを 愛は壁を超える」

民族、国家体制、偏見…。世界には、人と人とのつながりを阻む様々な「壁」があります。それでも出会い、固い絆で結ばれた2人がいます。壁を超える愛の物語をつむぎ、背後にある国際問題のリアルを伝えます。

 その夜、食卓に並んでいたのはインゲン豆だったか、チーズにワインもあっただろうか。たぶん。

 2010年7月。週末の暑い夜、22歳のマリークレマンスは、フランス東部・ブルゴーニュ地方の実家を1人で訪れていた。

 両親に、自分が抱えてきた秘密を「カミングアウト」するためだった。

 「1、2、3……」。10まで数えたら切りだそう。頭の中で何度もカウントを繰り返した。でも、ダメだ。声が出ない。

 何も切り出せないまま、息苦しい夕食が終わった。外の空気を求めて庭へ出た。

 畑に囲まれた一軒家は、すでに夕闇が訪れていた。晴れた夜空へ、たばこの煙を吐き出した。

 「どうかしたのか?」

 振り返ると、パイプたばこをくわえた父がいた。

 「何だかちょっとつらそうだったけど」と気遣った。いつもの穏やかな父がそこにいた。

 「ねえパパ。私最近、オロールのことばかり話すけど、彼女、ただの友達じゃないの。それ以上なの」

 言ってしまった。でもこれで…

この記事は有料会員記事です。残り2264文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載それでも、あなたを 愛は壁を超える(全41回)

この連載の一覧を見る