北海道もまん延防止適用要請を検討 感染過去最多で医療逼迫に危機感

有料会員記事オミクロン株新型コロナウイルス

中野龍三、榧場勇太 聞き手・岡田昇
[PR]

 北海道内では19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1170人確認された。初めて1千人を超え、昨年5月21日の727人を大幅に上回り過去最多となった。感染力が強い変異株「オミクロン株」への置き換わりが進み、感染拡大が止まらない。こうした状況から、鈴木直道知事は国に「まん延防止等重点措置」の適用要請を検討する考えを表明。21日の対策本部会議で判断する。

 鈴木知事は19日夕、記者団の取材に応じ、「経験のない非常に速いスピードで感染者が増加している」とし、「21日の対策本部会議で警戒レベルの(1から)2への移行とまん延防止等重点措置の移行について判断したい」と述べた。

 道の新規感染者数は過去最多、札幌市も650人で最多だった昨年5月13日の499人を超えた。函館市も46人と最多を更新した。

 全道の人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は89・8人(19日現在)で、重点措置要請を検討する「レベル2」移行基準の「15人」を大幅に上回る。他の指標も病床使用率は15・8%と移行基準の「20%超」に近づき、鈴木知事は「今のペースでは今週末から来週初めに20%を超える」と危機感を示した。

 感染急増の背景にあるのがオミクロン株の拡大だ。道が8~14日に感染者の抽出検査で調べた検体のうち、オミクロン株疑いは81%。昨年12月24~30日は1%で、「道内はほぼオミクロン株に置き換わった」(担当者)という。

 道は21日の対策本部会議で国への重点措置の適用要請を決める方向だ。昨年は感染が多かった札幌市などが措置区域とされ、飲食店の時短や酒類提供自粛などの強い措置が取られた。ただ今回は全道で感染者が急増している。鈴木知事は「今まで感染確認が少なかった地域でも結構感染者が出ている。全道に感染が広がっている状況も踏まえて(適用)区域を判断したい」と述べた。

 飲食店の時短や酒類提供自粛要請の対象についても、認証店以外か、認証店も含めるかが議論になる。鈴木知事は「他県の状況も踏まえて判断する」とした。

 道内では新たなクラスター(感染者集団)発生が続いている、19日は9件を確認。札幌市では道警察学校で学生16人、サービス付き高齢者住宅で9人が感染。小樽市の潮見台中で5人、旭川実業高の部活動で13人、石狩振興局管内のグループホームで8人、喜茂別町の保育施設で26人、苫小牧市のスポーツクラブで20人、利尻富士町の特別養護老人ホームで7人、帯広市の啓北小で7人が感染した。(中野龍三、榧場勇太)

北海道の感染ピークはいつ?

 北海道で新型コロナウイルスの新規感染者数が初めて1千人を超えた。猛威をふるう変異株「オミクロン株」はいつまで広がるのか。札幌医科大の横田伸一教授(微生物学)に聞いた。

     ◇…

この記事は有料会員記事です。残り525文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]