第27回私たちを見てほしい デモ隊の真ん中で、彼女と口づけを交わした

有料会員記事

ダックス〈仏南西部〉=疋田多揚
[PR]

「それでも、あなたを」 フランス編③(完)

【フランス編①】敬虔な家に育った私 パーティーの夜更け、短髪の彼女に迫られたキス

同性愛者のオロールと恋に落ちたマリークレマンス。2人は一緒に住み始め、マリークレマンスは彼女を両親にも紹介します。そのころ、同性婚を認める法案をめぐって社会も二分されていました。

 2012年11月。政府が同性婚を認める法案を閣議決定すると、大規模な反対デモが起きるようになった。

 路上では、「誰もが男と女から生まれる」などとデモ隊がスローガンを叫んでいた。

 2人はそんな日、街頭を避けた。パリの映画館に一日中身を潜め、映画を何本もみた。

 ある週末、オロールが「気分転換しようよ」と、パリのモード美術館に誘った。

 地下鉄に乗って地上に出ると、何千人もの行進に出くわした。

 彼らが掲げる旗には、父親と母親と2人の子どもが手を握りあう絵があしらわれていた。

 同性婚の反対デモだった。オ…

この記事は有料会員記事です。残り2481文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載それでも、あなたを 愛は壁を超える(全41回)

この連載の一覧を見る