「SL冬の湿原号」蒸気機関車が故障 ディーゼル機関車で代用へ

佐野楓
[PR]

 冬の風物詩として釧網線の釧路―標茶間で運行する「SL冬の湿原号」について、JR北海道は19日、使用している蒸気機関車(C11―171号機)の1月の運行(22、23、28、29、30日)を、故障のためディーゼル機関車に置き換えると発表した。

 JR北によると、試運転のため15日に蒸気機関車を車両基地から釧路駅まで走行させた際、車両前方の蒸気室から不規則な排気音が出た。運転を中止し調べたところ、蒸気を動力に変える部品が破損し、蒸気が漏れ出ていた。部品は昨年の検査で交換したもので、詳しい原因を調べている。

 JR北は2月以降の運転日の指定券発売は見合わせており、今後の運転計画や指定券発売日は決まり次第発表する。

 ディーゼル機関車への置き換えに伴い、座席指定料金は1680円から530円へ引き下げる。購入済みの指定券で旅行する場合は、旅行終了後に差額を払い戻す。蒸気機関車の運転中止を理由に旅行を中止する場合は、手数料なしで料金を払い戻す。

 運転区間や時刻、座席位置や車内サービスに変更はない。(佐野楓)