「政権監視を放棄」 立憲内にうずまく批判、泉代表の出した答えは

有料会員記事

神沢和敬、小手川太朗 磯部佳孝
[PR]

 岸田文雄首相の施政方針演説に対する各党の代表質問が19日、始まった。立憲民主党泉健太代表は「政策提案型」から踏み込み、政権が先送りや幕引きを図ろうとする課題、姿勢を追及した。首相は明確な回答を避け、従来の説明を繰り返す守りの姿が目立った。

 立憲の泉氏は首相に目線を向けながら、首相の看板政策「新しい資本主義」についてただした。「中身は依然不明で政策の焼き直しばかり。アベノミクスとの違いはどこにあるのか」

 その後も、政権を追及する質問を繰り出した。

立憲内の不満を踏まえ

 昨年の衆院選で敗北した立憲…

この記事は有料会員記事です。残り1447文字有料会員になると続きをお読みいただけます。