アイドル界は悪いインフレ? 経済学を学ぶ安部若菜さんの立てた仮説

有料会員記事

聞き手・岸善樹
[PR]

 久しく聞かなかったインフレが、すぐ足元まで来ているようです。でも、中堅や若手世代はインフレを経験したことがありません。アイドルグループNMB48のメンバー、安部若菜さん(20)は高校時代から株式投資に親しみ、いまは大学で経済学を学んでいます。この状況をどう見ているか聞きました。

2001年、大阪府生まれ。18年、AKB48グループで大阪・難波拠点のNMB48に加入。20年から大学で経済学を学ぶ。愛称「わかぽん」。

 ――2020年に大学に入って、専攻に経済学を選んだのはなぜですか。

 「高校に『投資部』があって、そこで株を始めたのがきっかけです。最初はゲーム感覚だったのですが、『この会社はこういうところがいいから、伸びるんじゃないか』みたいな仮説を立てて、うまくいったらすごく楽しい。トータルの収支は卒業の直前、最後の最後にマイナスになってしまいましたが」

 ――最近、インフレがよく話題になりますが、実感はありますか。

 「生まれてからずっと、経済はデフレだと言われてきたように思います。だからインフレと言われても、あまりピンとはきません」

■「熱量」は小さくなり、グル…

この記事は有料会員記事です。残り1952文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら