• アピタル

東京の新規感染者、1週間で4倍に 今月中に1日1.8万人の推計も

新型コロナウイルス

関口佳代子
[PR]

 東京都は20日、新型コロナウイルスモニタリング会議を開き、都内の新規感染者数(1週間平均)が19日時点で4555人と1週間で約4倍となっていることが報告され、専門家は「『第5波』の立ち上がりをはるかに上回るスピードで増加している」と現状を評価した。専門家はこの水準が継続した場合、今月27日には1日あたりの感染者数が約1万8千人に達するとの推計も明らかにした。

 会議に出席した国立国際医療研究センターの大曲貴夫氏は、急速な感染拡大について「社会活動の停止が余儀なくされる可能性がある」と警告。会議では、都独自の感染状況警戒レベルを4段階のうちの最高レベル「大規模な感染拡大が継続している」に引き上げた。都内の感染状況が最高レベルになるのは昨年9月以来約4カ月ぶり。

 会議では、医療体制の警戒レベルも2週連続で引き上げ、4段階の上から2番目の「通常の医療を制限し、体制強化が必要な状況である」とされた。都医師会の猪口正孝副会長は「高齢者の重症患者が増加しており、警戒する必要がある」と指摘した。(関口佳代子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]