「申請しないのは間違っている」安倍元首相 佐渡金山推薦めぐり牽制

自民

楢崎貴司
[PR]

 安倍晋三元首相は20日、自身が会長を務める自民党安倍派の会合で、世界文化遺産登録をめざす国内候補に選ばれた佐渡金山遺跡(新潟県佐渡市)について、「論戦を避ける形で登録を申請しないというのは間違っている」と語った。韓国との関係悪化の懸念から明確な方針を示していない政府を牽制(けんせい)した。安倍氏は「しっかりとファクトベースで反論していくことが最も大切だ」とも述べた。

写真・図版
自民党の安倍派の会合であいさつする安倍晋三元首相=2022年1月20日午後、自民党本部、楢崎貴司撮影

 佐渡金山をめぐっては高市早苗政調会長も19日の記者会見で、「日本国の名誉に関わる問題だ」と述べ、ユネスコへの推薦を政府に求めている。(楢崎貴司)