初めての旅行は「お別れの旅」だった 何度でも話したくなる大切な話

有料会員記事

若松真平
[PR]

 今から30年ほど前、なりたりえさんの家に1匹の犬がやってきた。

 「ポッキー」と名付けられたビーグル犬で、父が勤めていた製薬会社の検査犬だったところを譲り受けた。

 家族には吠(ほ)えないけれど、他人にはワンワンとよく吠えるポッキー。

 幼稚園児だったなりたさんにとって、まさに番犬のような存在だった。

 一緒に暮らして7年が経ったころ、ポッキーを連れて家族旅行に出かけることになった。

 初めて一緒に行った旅行で、それは「お別れの旅」でもあった。

    ◇

 車で神奈川の自宅を出発し、1泊して目指したのは青森。

 立ち寄った大きな公園や湖のほとりで走り回るポッキーは、とてもうれしそうだった。

 初めての旅行に喜んでいる姿を見て、なりたさんも楽しかった。

 でも、ふとした時に「着いたらお別れなんだな……」と寂しくなった。

 自分の願いごとがかなったばっかりに、別れることになったのだから。

 当時、なりたさん一家が住ん…

この記事は有料会員記事です。残り1238文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら