ヤフーのコメント欄、1日3.5件を非表示 誹謗中傷の対策で

女屋泰之
[PR]

 ヤフーは20日、「ヤフーニュース」のサイトの記事で、1日平均3.5件のコメント欄を非表示にしていると発表した。昨年10月中旬に誹謗(ひぼう)中傷対策を導入したことによるもので、配信した平均7511件の記事の約0.05%にあたる。

 導入から12月中旬までの2カ月間で計216件を非表示にした。対象の記事を提供したメディアや、記事のジャンルに偏りはなかったと説明している。

 ヤフーはコメントが誹謗中傷や差別にあたらないか人工知能(AI)を使って点数化し、中傷などを禁じる方針に反したコメント1日約2万件を個別に削除している。昨年10月からは対策を強化し、違反コメントが一定数を超えた記事は、コメント欄を丸ごと非表示にする機能を導入していた。

 ヤフーが設けた有識者会議では、「一定の有効な手段」と評価する声がある一方、コメント欄を丸ごと非表示にすることで「建設的な意見も事実上削除してしまう」として慎重な運用を求める意見もあったという。ヤフーは運用の透明性を確保するため、今後も非表示の状況を公表するとしている。(女屋泰之)

  • commentatorHeader
    長島美紀
    (SDGsジャパン 理事)
    2022年1月21日9時41分 投稿

    【視点】2020年にプラン・インターナショナルが世界31カ国の1万4000人以上の15歳から25歳までの女の子と若い女性を対象に実施した調査結果をまとめた「世界ガールズ・レポート」では、対象者の58%が、オンライン上でハラスメントを受けたことがある

  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2022年1月20日20時1分 投稿

    【視点】最近は、ヤフーニュースでコメント欄が非表示になっている記事を見かけることが増えてきましたね。批判もありますが、ヤフーのような大手プラットフォーマーがこうした誹謗中傷対策を明確にし、かつ件数まで開示することは重要だと思います。ちなみに、媒体種