新種の名は「キングギドラ」 枝分かれした体の生き物、日本海で発見

有料会員記事

小堀龍之
[PR]

 東京大学などの研究チームが、たくさん枝分かれした体を持つ新種の生き物を日本近海で発見した。特徴的な見た目から、映画「ゴジラ」シリーズに登場する三つの頭を持つ怪獣にちなんで「キングギドラシリス」と名づけた。研究チームは「生物学の常識を逸脱する生物」としている。

 新種は細長い体を持つゴカイやミミズなどに近い環形動物「シリス」の仲間。白っぽい色で、大きさは一番長い部分で数センチ。頭はひとつしかないが、体の途中から、尾が何本も枝分かれして生えており、左右対称ではないのが特徴だ。

 2019年に東大や新潟大などのチームが佐渡島南部で潜水調査した際、水深十数メートルにあるカイメンの中にすみついているのを発見した。カイメンの体から多数の尾が出ていた。

 シリスの仲間は、尾の先にある生殖器官が切り離されて海中に泳ぎだし、繁殖する習性がある。多数の尾から生殖器官を切り離すことで、効率的に繁殖できるメリットがあると考えられている。

 また、多数の尾の先にある肛…

この記事は有料会員記事です。残り246文字有料会員になると続きをお読みいただけます。