• アピタル

重症化する子ども、増える懸念 5~11歳接種を考えるポイントは

有料会員記事新型コロナウイルス

熊井洋美
[PR]

 5歳から11歳の子どもに対する新型コロナウイルスワクチンの接種が3月から始まる見通しとなっている。重症化を防ぐことが期待される一方、ほかの予防接種よりも副反応が出やすいとみられ、メリットとリスクを正しく理解して判断することが重要になる。

 専門家が話し合う厚労省の部会が20日に開かれ、5~11歳が使うファイザー製のワクチンについて、特例承認を了承する見込みだ。

 これに先立って日本小児科医会は19日、子どもへのワクチン接種について課題を整理して公表。会見した峯眞人(まひと)理事は「入念な準備が必要で、拙速にやるべきものではない」と述べた。

■集団接種では…

この記事は有料会員記事です。残り999文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]