「涙を力に」北朝鮮の核実験示唆、中朝国境から見えてきた背景事情

有料会員記事

瀋陽=平井良和
[PR]

 北朝鮮朝鮮労働党の会議で、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の再開が示唆された。北朝鮮の決断の背景には何があったのか。いつ、新たな挑発行動に出るのか。中朝国境周辺の取材などから背景や今後の動きを探った。

 「我が国のことが忘れられていく」

 中国にいる北朝鮮の事情に詳しい複数の関係者によると、米国がトランプ政権からバイデン政権に変わり、世界各国がコロナ禍の対応に追われる中、北朝鮮外交筋の間では次第にそんな危機感が募っていったという。

 トランプ政権時代にも制裁は…

この記事は有料会員記事です。残り798文字有料会員になると続きをお読みいただけます。