コロナ急拡大で攻勢強める野党 首相「専門家の知見」を強調

有料会員記事自民国民維新共産

磯部佳孝、西村圭史
[PR]

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」による感染急拡大を受け、野党が政府のコロナ対応への批判を強めている。感染者の重症化率の低さから、社会活動を制限する「まん延防止等重点措置」の効果に疑問を呈した。首相は「専門家の知見」を強調し反論したが、ワクチン接種の遅れを批判されると歯切れが悪かった。

 国民民主党玉木雄一郎代表は、20日の衆院代表質問で「重点措置の飲食店への営業時間短縮要請は、オミクロン株対策として効果があるのか」とただした。首相は「マスクをつけずに大声で会話をするリスクの高い場面での人数制限などが有効であるとの指摘を受けた」と、専門家の助言に基づいていると反論。社会活動と感染防止を両立するために「オミクロン株の特性を踏まえたメリハリの利いた対策を講じている」と強調した。

 日本維新の会の馬場伸幸共同代表も、「人流抑制と感染拡大との相関に疑義を呈する見解が相当数の専門家から出ている」と科学的なデータに基づいて対策することを求めたが、首相は「専門家の意見をうかがいながら過度に恐れることなく、最新の知見に基づく対応を冷静に進める」とかわした。

 首相が「専門家」を連発する背景には、菅義偉前首相が時に専門家の進言を受け入れず「根拠なき楽観論」とも批判され、感染拡大を食い止められなかったことが大きいとみられる。

 首相周辺は「世論は規制を強…

この記事は有料会員記事です。残り363文字有料会員になると続きをお読みいただけます。