NHK説明を島田監督が否定「事前確認なかった」 五輪番組字幕問題

有料会員記事

西田理人
[PR]

 昨年末放送のNHK・BS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」で取材内容と異なる字幕が付けられた問題で、番組の取材を受けた映画監督の島田角栄さんは20日、NHKの説明が事実と異なるとして訂正を求めていることを明らかにした。

 問題の字幕は、河瀬さんが総監督の五輪記録映画の取材で島田さんが男性に話を聞く場面での「五輪反対デモに参加している」などというもの。NHKは19日の会見で、担当ディレクターは取材時に島田さんもいる場で男性から「デモに行く予定がある」と聞き、試写後に字幕の事実確認の指示を受けた後、男性がその話をしていたことを島田さんに聞いただけで、確認が不十分だったと説明した。

 これに対し、島田さんは朝日新聞の取材に「(島田さんが)取材した事実と異なる」とした上で「放送前にディレクターからの事前確認はありませんでした」と反論。19日の会見での説明内容について「NHKから事前に事実確認がされることもありませんでした」として、NHKに抗議し、訂正を求めたという。

 朝日新聞はNHKに島田さんの指摘について確認を求めたが、NHKは「島田監督には何ら責任はなく、責任はすべてNHKにあります」などと回答し、事実確認に応じなかった。(西田理人)

 島田さんが朝日新聞の取材に応えた文書の全文は以下の通り。

     ◇

 昨日NHKの定例会見があり…

この記事は有料会員記事です。残り342文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら