FRBの中銀デジタル報告書「ドルの国際的役割を保持」

ワシントン=青山直篤
[PR]

 米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、自らの手による将来のデジタル通貨(CBDC)について初めての報告書を公表した。プライバシー保護やドルの国際的地位を保つ重要性を指摘。中国が先行する「デジタル人民元」や民間のデジタル通貨との通貨間競争を意識した。

 FRBに個人が口座を開くのではなく、民間銀行などを介する形式を想定。デジタル化で金融取引の把握は容易になるが、「消費者のプライバシー保護も決定的に重要だ」と記した。

 FRBは報告書で「最終的に米国にとってCBDCが望ましいか立場を示すものではない」と強調。その上で「(他の国の)新しいCBDCが既存の米ドルより魅力的になればドルの国際的な利用が減るとの見方もあり、米国のCBDCはドルの国際的役割を保つのに役立つ可能性がある」と述べた。今後4カ月間、米国民から広く意見を募る。

 中国が2月の北京冬季五輪にあわせてデジタル人民元の発行準備を進めているのに対し、米国は慎重姿勢を保ってきた。米ドルは既存の通貨秩序で圧倒的優位を得ていることに加え、FRBが米国民や議会による民主的なチェックを重視するためだ。(ワシントン=青山直篤)