日米首脳会談は異例のオンライン カギは関係構築、期待も懸念も

有料会員記事

相原亮
[PR]

 岸田文雄首相とバイデン米大統領は日本時間21日夜、初めてオンライン形式で会談する。首相は就任後、訪米して対面による会談をめざしてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大などで断念した。当日は何が話し合われるのか。バーチャル会談において、首脳間の個人的関係を深めることはできるのか。

 日本の首相が就任後、初めて会う外国首脳は、同盟国・米国というのが「相場」だ。外務省幹部は「アジア太平洋地域が流動化するなか、まずは米国の大統領と会談して外交の基盤を固めることが大事だ」と解説する。

 岸田氏も昨年10月に就任後、会談の実現に向けて動いてきた。同年11月に訪問先の英国でバイデン氏と初めて顔合わせしたが、短時間の懇談だった。2人は早期の対面会談を実施することで一致。岸田氏は「できるだけ早いタイミングで再会し、よりじっくりと話ができる会談の場を設けようということで一致した」と記者団に語っていた。

 首相は通常国会が始まる前までの訪米を模索したが、バイデン氏が内政問題に追われたため調整は難航。今年の年頭会見で「本年は本格的に、首脳外交をスタートさせる年にする」と意気込んだものの、今度は新型コロナの変異株「オミクロン株」が直撃。オンライン形式に落ち着いた。

 ようやくこぎ着けた会談となるが、何が話し合われるのか。外務省幹部は「全般的な話題について議論を交わすことになる」と話す。中国を念頭に安全保障協力を改めて確認するほか、経済連携も重要なテーマになる。地域情勢では、北朝鮮問題や台湾海峡問題、ウクライナ情勢などを話し合う見通しだ。

米側、台湾問題への対応に期待

 安全保障分野で米側が特に日本に期待するのが、中国の軍事的圧力を強める台湾をめぐる問題に日米一体となって対応することだ。

 昨年4月の菅義偉前首相との…

この記事は有料会員記事です。残り973文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら