怒り出す元大臣、担がれる2世 選挙を映画にしたらやはり面白かった

有料会員記事

編集委員・石飛徳樹、佐藤美鈴
[PR]

 選挙をモチーフにした映画が2本公開されている。野党側から見た大島新(あらた)監督(52)のドキュメンタリー「香川1区」と、与党側から描いた坂下雄一郎監督(35)の劇映画「決戦は日曜日」。2人の監督が政治を扱うことの面白さや難しさを語り合った。(編集委員・石飛徳樹、佐藤美鈴

写真・図版
「決戦は日曜日」の坂下雄一郎監督(左)と「香川1区」の大島新監督

 大島 前作「なぜ君は総理大臣になれないのか」を企画した時、プロデューサーから「そんな映画、誰が見るんですか」と言われました(笑)。

 坂下 (現在50歳の)小川淳也さんが30代の頃からカメラを回していますよね。映画にしようと思っていたんですか。

 大島 小川さんの最初の選挙をテレビ番組にしようとしたんですが「1人の候補者ではダメだ」と言われ、3人のオムニバスになりました。テレビのお作法で作ったことに後悔が残り、撮影を続けていました。

 坂下 僕の場合、政治をモチーフにしたのは、企画を始めた当時、政治の映画が少なかったのもあります。あまり知られていない世界を描きたいと思っていて、その時に、選挙が面白いんじゃないかと。

写真・図版
「決戦は日曜日」 衆議院議員の私設秘書(窪田正孝)を主人公にしたオリジナルのフィクション。病に倒れたベテラン議員の後継として選挙戦に挑むことになった自由奔放な2世候補(宮沢りえ)とのやりとりを通して、政界にはびこる慣習を皮肉とユーモアを交えて描く。

 大島 オリジナル脚本はただでさえ企画が通りにくいのに、政治を扱った映画がよく成立しましたね。

 坂下 成立しづらいからこそやるんだ、みたいな気概があったわけではないんです(笑)。それまでは何となく政治を遠ざけていましたが、選挙カーで演説している絵って、面白そうだなという軽い動機からでした。

選挙では人間の本性がむき出しになる

 大島 「新聞記者」のドラマ版など、政治をモチーフにした作品が出てきたのは頼もしい。「決戦は日曜日」はコメディーにしたのが良かったですね。

 坂下 コメディーにするなら体制側を描こうと。号泣県議とか、秘書への暴言の音声流出とか、インパクトある出来事がいくつも起き、脚本作りの際にいろいろな意味で影響を受けました。ああいう出来事って、劇映画でやると意外にウソっぽく見えるんですよ。

 大島 「香川1区」も善悪がはっきりしすぎて、劇映画では無理でしょうと言われました。

 坂下 現実との兼ね合いが難しくなりましたね。

写真・図版
「香川1区」 昨秋の衆院選に焦点を当てたドキュメンタリー。立憲民主党の現政調会長、小川淳也氏の17年を追った「なぜ君は総理大臣になれないのか」の続編として、「香川1区」の選挙戦を自民・平井卓也前デジタル相ら対立候補の陣営や有権者の視点も交えて映した。

 大島 選挙って人間の本性がむき出しになるんですね。小川さんも冷静さを欠く精神状態になりました。平井卓也さんも東京でお会いした時には、前作も褒めて下さり「さすが大人の対応」と思ったんですが、選挙中に突然「あんなPR映画は許されない」と怒り始めた。選挙は人間を追い詰めるんです。

「香川1区」の小川事務所での「タスキ論争」、「決戦は金曜日」に取り入れられたネットと現実のギャップ。記事後半では選挙や社会を巡る理想と現実、そこで映画は何ができるかまで語り合います。

 坂下 ああいうすごい瞬間が撮れた時はどんな気持ちになるのですか。

 大島 「キターー」という感…

この記事は有料会員記事です。残り1489文字有料会員になると続きをお読みいただけます。