トンガにNZの補給艦到着 1日7万㍑の海水を淡水化、可能に

シンガポール=西村宏治
[PR]

 海底火山の大規模噴火に見舞われた南太平洋のトンガに21日、ニュージーランド軍の補給艦アオテアロアが到着した。25万リットルの真水を積んでいるほか、船の設備を使って1日に約7万リットルの海水を淡水化できる。これにより、継続的に真水の供給を支援できる態勢が整った。

 20日夜には哨戒艦ウェリントンが先行して到着。21日朝から、首都ヌクアロファがあるトンガタプ島周辺で水路測量技師らが港湾の安全性を調べていた。

 さらにニュージーランド軍は、多目的艦カンタベリーを21日夜にも現地に向けて出発させる予定。がれきや火山灰の片づけに使うシャベルなどの道具、浄水装置、工具などを送る。

 支援物資の供与や、現地政府やNGOの活動支援などを通じ、ニュージーランドはトンガの支援に総額300万ニュージーランドドル(約2億3千万円)を投じる計画だという。(シンガポール=西村宏治