第34回堕胎薬に負けず産まれた我が子 もう会えない兄から受け継いだもの

有料会員記事

ジャイプル=奈良部健
[PR]

連載「それでも、あなたを」 インド編③(完)

【インド編①】5年ぶりの電話で求婚 迫る兄たちの復讐、私が頼った身分違いの彼は

武人階級のラタは兄たちの名誉殺人から逃れるため、商人階級のブラハマナンドと結婚。兄たちに追われる身になった2人は、裁判で戦います。そんな時、ラタの妊娠が発覚しました。

 なぜ、ラタは堕胎しようと思ったのか。

 本心では、子どもは産みたかった。でも、自分とブラハマナンドに万が一のことがあれば、子どもは1人で生きていかなければならない。

 さらにこの頃、ラタは裁判闘争で心身ともに追い詰められていた。子どもを育て上げる自信がなかった。

 自分は生まれてきた子どもに過ちを犯してしまうかもしれない。そんな恐怖もあった。だから、産めない。そう思った。

 ブラハマナンドは反対しなかった。ただ、堕胎薬を買ってきてと言われた時ほど、悲しかったことはなかった。

 だが苦しむラタがそうしたいというのなら、そうしてあげたいと思った。

堕胎薬を飲んだが……

 インドでは、堕胎薬の販売や購入は違法だが、お金を出せば、医師の処方箋(せん)がなくても買える。ブラハマナンドは堕胎薬を買い、ラタに渡した。

 ラタはすぐに堕胎薬を飲んだ…

この記事は有料会員記事です。残り1428文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載それでも、あなたを 愛は壁を超える(全41回)

この連載の一覧を見る