第35回身分で決まる伴侶、それも「縁」 カースト社会インドの「幸せの形」

有料会員記事

ジャイプル=奈良部健
[PR]

連載「それでも、あなたを」インド編 取材を終えて

 ラタはニコニコして、取材中もよく声を上げて笑っていました。多くの困難に直面してきた人とは思えない明るさでした。

 夫のブラハマナンドも、愛嬌(あいきょう)のある笑みをよく浮かべていましたが、まじめで、どちらかと言えば聞き役。ラタの気持ちを常に受け入れ、彼女のために行動してきたことがうかがえました。

 「苦しい時こそ、よく話し合うことが大事。気持ちをしっかり伝え合えば、大抵は乗り越えられる」。そんな2人の言葉が印象に残っています。

切り離せない出自への誇り

 2人が闘ってきたのは、ラタの兄たちだけではありません。カーストに基づいた「家の名誉」を優先する、旧来の考え方そのものでした。

 しかし同時に、2人はそれぞれの出自への誇りも持っていました。

 ラタが、自殺ではなく闘って…

この記事は有料会員記事です。残り1214文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載それでも、あなたを 愛は壁を超える(全41回)

この連載の一覧を見る