北海道で1644人感染、3日連続過去最多 まん延防止措置要請決定

[PR]

 北海道内で21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1644人確認された。前日20日の1437人を超え、3日連続で過去最多を更新した。前週(14日=467人)との比較では3倍超となった。感染力が強い変異株「オミクロン株」が広がっている。新たな死者の確認はなかった。

 保健所設置4市(札幌、旭川、函館、小樽)の新規感染者数は、札幌902人、旭川45人、函館53人、小樽51人。

 道は感染急増を受け、国に「まん延防止等重点措置」の適用を要請する方針で、21日の対策本部会議で決めた。

 道の人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は111人(20日現在)で、重点措置要請を検討する道独自の警戒レベル「2」への移行基準の「15人」を大幅に上回る。他の指標も病床使用率は17・9%(同)と移行基準の「20%超」に近づいている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]