84歳でのALS宣告 「もう年だから」と言いつつ重い失望感

有料会員記事

写真・図版
[PR]

それぞれの最終楽章・ALS、私の場合(3)

ノンフィクション作家・井口隆史さん

 検査のために入院したのは2019年11月5日だ。病室は、大部屋に空きが出るまで個室である。担当の看護師からこう言われた。

 「あなたは転倒、転落の危険が高いので、室内で物を取るときも、必ずナースコールをしてください」

 お約束ですよ、と念を押された。渡された書類の入院理由の欄には、〈運動ニューロン疾病の疑い〉と書かれてあった。

 聞き慣れない病名だ。入院前の外来でM医師が初めて「運動ニューロン」を口にしたとき、紙に脳幹と脊髄(せきずい)、そこから末端に延びる神経の略図を描いてくれた。これらの神経を調べたいのだとは理解したが、私の頭の中では、ALSとは結びついていなかった。

 M医師チームによる検査の日…

この記事は有料会員記事です。残り1222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。