アマゾンが初の衣料品のリアル店舗を出店へ AIで商品提案も

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米アマゾンは20日、初の衣料品の実店舗「アマゾン・スタイル」を年内に米国で出店すると発表した。人工知能(AI)の機械学習を活用して客ごとに商品を提案したり、試着室にいたままタッチパネル画面から服を選べたりする機能など、新たな買い物体験ができるとしている。

 1号店はロサンゼルス郊外に出店する。同社によると、スマートフォンで商品のQRコードを読み込むと、その商品が試着室や受け取りカウンターに送られる。試着室のタッチパネルで別の商品を選ぶと、数分で試着室に届けられるという。アマゾンの物流センターで使われている技術などを活用するとしている。

 アマゾンは2016年、レジを通さずに買い物ができる「アマゾン・ゴー」の1号店をシアトルに出店。17年には米高級スーパー「ホールフーズ」を1兆円超で買収するなど、顧客と直接の接点となる実店舗の展開を広げている。(サンフランシスコ=五十嵐大介