佐渡金山めぐる韓国の主張に「全く受け入れられない」 日本政府抗議

岸田政権

坂本純也
[PR]

 世界文化遺産登録をめざす国内候補に選ばれた佐渡金山遺跡(新潟県佐渡市)に対して、韓国政府が歴史問題を理由に選定撤回を求めている問題で、木原誠二官房副長官は21日の記者会見で、「日本側として全く受け入れられないということで韓国側に強く申し入れを行った」と述べた。

 韓国政府は、戦時中に同遺跡で朝鮮半島出身者が働いており、「強制労働被害の現場だ」などと主張して、選定撤回を求めている。木原氏によると、昨年12月28日、在韓国大使館の公使を通じて申し入れたという。木原氏は「韓国国内において事実に反する報道が多数なされている。極めて遺憾であり、我が国の立場を国際社会に説明してまいりたい」とも話した。

 佐渡金山遺跡は韓国の反発で登録の見通しが立っていないため、日本政府は、ユネスコへの推薦を見送る方向で調整中。岸田文雄首相が近く最終判断する。(坂本純也)