世耕氏、佐渡金山の世界遺産推薦 「クレームつけられる中身でない」

自民

笹井継夫
[PR]

 世界文化遺産登録をめざす佐渡金山遺跡(新潟県佐渡市)について、政府がユネスコへの推薦を見送る方向で調整に入ったことについて、自民党世耕弘成参院幹事長は21日の記者会見で「淡々と申請の手続きを進めていくべきだ」と述べた。

 歴史問題を理由に韓国政府が選定の撤回を求めていることが背景にあるが、世耕氏は「海外から何かクレームをつけられるような中身は全くない」と主張。「議論が出てきたら、しっかり応じていくということが重要だ」と述べ、登録をめざす過程で韓国から異論が出れば、その段階で理解を求めていくべきだとした。

 「認定される可能性が変わるわけではないので、しっかり今回出すべきだ」とも述べ、推薦を来年以降に先送りしても問題は解決しないとの考えを示した。笹井継夫