トンガ支援の自衛隊機が豪州到着、22日現地入りめざす

[PR]

 海底火山の噴火や津波に見舞われた南太平洋のトンガ諸島を支援するため、飲料水を積んだ航空自衛隊のC130輸送機1機が日本時間21日夕、豪州東部の空軍基地に到着した。22日にトンガ入りをめざす。

 C130は20日夜、2リットル入りの飲料水約2500本を積んで空自小牧基地愛知県)を出発した。日本政府は国際協力機構(JICA)と連携し、飲料水のほか、火山灰の撤去用具などを提供することを表明している。

 また、防衛省は21日、C2輸送機2機を追加で派遣すると発表した。飲料水などを運ぶという。