「写真は我々の自画像」 コロナ禍の東京撮った写真家の問いかけ

有料会員記事

岩田恵実
[PR]

 桜が満開なのに花見客がいない上野公園、マスク姿の参拝客でごったがえす初詣――。コロナ禍に揺れる東京を、写真家の初沢亜利さん(48)が記録した写真集「東京二○二○、二○二一。」が出版された。初沢さんは「歴史的な日々を撮ることになった」と話す。

 初沢さんはパリ生まれ、東京都港区育ち。これまで北朝鮮や沖縄、東日本大震災の被災地などを撮影してきた。その過程で、「目新しいものがないと思ってきた東京に、あらゆる権力が集中していると見えるようになった」と感じたという。次は東京と決め、撮影を始めたころ、コロナ禍に突入した。

 写真集には、2020年4月に初めて緊急事態宣言が出た前後から、衆議院選挙があった昨年10月までに撮った計168枚を収めた。ほぼ時系列に並ぶ写真から浮かび上がるのは、矛盾と対立だ。

 使用禁止になった公園遊具が…

この記事は有料会員記事です。残り490文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    倉田明子
    (東京外国語大学総合国際学研究院准教授)
    2022年1月23日14時21分 投稿

    【視点】初沢さんは2019年の香港の抗議運動の現場にも足を運び、撮影されていました。写真の切り口や被写体との距離感が印象深く、その頃編集と執筆に関わっていた『香港危機の深層』という本の表紙や口絵に写真の提供をお願いしました。当時、撮り手の心情として