「どっちつかずの首相答弁。安倍政治の問題は擁護」共産・小池氏

[PR]

共産党・小池晃書記局長(発言録)

 岸田文雄首相の答弁は何を聞いてもどっちつかずというか、全く答えようとしない。「あらゆる選択肢を排除せず、様々な意見に耳を傾けながら検討してまいりたい」と、どっちなんだという答弁が相次いでいる。

 ただ、安倍政治につながるような問題については、(指摘に対して)きっぱりと否定する。

 (首相が言う)「新自由主義の弊害」の最も強いものがアベノミクスだったと思うが、全く揺るがず擁護する。「桜を見る会」の参加者名簿をシュレッダーにかけたことや、森友問題での公文書改ざんや虚偽答弁も「きちんとメスを入れてうみを出し切るべきではないか」ということ(指摘)については、「公文書管理のルールに基づき、遅滞なく廃棄することとした」「これまでも国会において丁寧に説明を行ってきた」と、完全に擁護しているのが特徴だ。(国会内の記者会見で)