国家予算に34兆円の「穴」があく日本 3%成長でも 財務省が試算

有料会員記事

榊原謙、吉田貴司
[PR]

 3%の経済成長を今後3年間にわたって実現できたとしても、予算を組むには毎年約34兆円足りなくなることが財務省の試算でわかった。近年は年の後半に補正予算を組むことも常態化しており、実際の不足分はこの試算よりももっと多くなる可能性がある。

 衆院予算委員会で21日、2022年度当初予算案の審議が始まったのにあわせて、財務省が25年度までの予算の姿を推計した。

 名目成長率を3%、物価上昇率を2%とした場合、一般会計の歳出(支出)の総額は22年度の107・6兆円から25年度は111・6兆円まで膨らむと見込む。一方、税収は22年度の65・2兆円から25年度は72・1兆円まで伸びるとはじく。税収などでカバーできない歳出は22年度の36・9兆円から25年度は33・9兆円へ3兆円縮まるが、それでも毎年度30兆円以上の国債を新たに発行して穴埋めをしなければならない計算だ。

 財務省によると、22年度は…

この記事は有料会員記事です。残り467文字有料会員になると続きをお読みいただけます。