今年前半にバイデン氏訪日へ、日米豪印4カ国会談も 日米首脳で合意

安倍龍太郎
[PR]

 岸田文雄首相とバイデン米大統領は21日夜、約1時間20分にわたり、オンライン形式で初の首脳会談を行った。首相は会談後、記者団に、今年前半にバイデン大統領に訪日してもらい、日本主催の日米豪印4カ国(クアッド)の首脳会談を実施することで支持を得たと述べた。実現すれば、バイデン氏にとっては大統領として初の来日となる。

 首相は「日米の間においてはしっかり意思疎通を図っていかなければならない。(首脳会談の)次のステップとして、大変大きなことではないか」と語った。

 クアッドによる対面での首脳会談は昨年9月に初めて米ワシントンで実施し、菅義偉前首相が出席した。共同声明では、首脳及び外相は毎年、会合を開催することを盛り込んでいた。(安倍龍太郎)