池袋のホテルで高齢男性殺害か 一緒にチェックインの女性?立ち去る

[PR]

 21日午後9時45分ごろ、東京都豊島区池袋2丁目のホテル客室で、60~80代とみられる血だらけの男性を池袋署員が見つけた。男性は胸と太ももを刺されており、死亡が確認された。男性の財布には現金がなかったといい、警視庁は強盗殺人容疑で捜査を始めた。

 男性とともにチェックインし、立ち去った人物が事情を知っているとみて、同庁は行方を捜している。

 捜査1課によると、「『やばいから来て』と友達からLINEがあった」という趣旨の匿名の110番通報があり、池袋署員がホテルに駆けつけた。通報者は女性とみられ、公衆電話から電話をした可能性が高いという。

 男性は服を着ておらず、発見時は椅子の上にのけぞったような状態だった。周囲に争った形跡はなく、刃物も見つかっていない。チェックインは21日午後8時10分ごろで、一緒にいた女性とみられる人物が午後9時15分ごろに1人でホテルを立ち去ったという。

 現場のホテルはJR池袋駅から北に約400メートルの歓楽街にある。近くの飲食店で働く20代女性は「自分も怖い事件に巻き込まれないか心配です」と話した。風俗店従業員の30代男性は「普段からけんかなどがよく起きるが、殺人は聞かない。コロナ禍でただでさえお客さんが減っている。商売に影響しないか不安だ」と話した。