登校ボイコット、教員はスト コロナ不安で混乱 欧米の学校現場

有料会員記事オミクロン株

パリ=疋田多揚、ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 新型コロナウイルスオミクロン株が猛威を振るう欧米で、学校現場が混乱している。感染者増による学級閉鎖や休校だけでなく、感染の不安から生徒が学校をボイコットする動きも。フランスでは教員によるストライキまで起きている。(パリ=疋田多揚、ニューヨーク=藤原学思

「授業計画立てられない」嘆く仏の教員

 パリの公立小の女性教員(27)は4日朝、男子児童がコロナに感染して欠席すると連絡を受けた。

 9時半ごろだった。女性は授業を中断し、残りの26人の児童の親への電話にとりかかった。校長と手分けし「今すぐ迎えに来て下さい」と携帯電話で伝えた。

 フランス政府が定めた規則では、クラスに感染者が出たら、学級全員がただちに薬局などで抗原検査を受けると定めていた。それで陰性なら教室に戻れる決まりだ。すぐに休校にせず、「学校はなるべく開け続ける」という政府方針に沿ったルールだった。

 だが、女性が電話をかけ始めると、職場に着いたばかりの親もいれば、連絡がつかない親もいた。

 その日、女性の携帯は親からの折り返し着信音が何度も鳴り響いた。「とても授業どころではなかった」

 結局、迎えに来られた親は20人ほど。都合がつかない親もいて、4、5人は検査を受けられないまま教室で過ごした。この日に別の児童の感染も判明したが、翌日も授業は続いた。

 政府のマニュアルは、感染者…

この記事は有料会員記事です。残り1145文字有料会員になると続きをお読みいただけます。