繁殖引退犬を引き取る保護団体 「下請け愛護」、業者延命の手助けか

有料会員記事

太田匡彦
[PR]

 「里親探しに困ってませんか?」「うちで引き取りますよ」。神奈川県内の犬の繁殖業者のもとには、そんな電話やメールが毎月のように寄せられている。相手は動物愛護団体。繁殖から引退させる犬を求め、連絡してくるという。「ほかのブリーダーさんのところに『犬が足らない』と言って連絡してきた団体もある。団体間で、業者の犬の取りっこが始まっているようです」

 動物愛護団体の多くはこれまで、もともと野良だったり、捨てられたりして地方自治体に収容された犬を保護し、それらを「保護犬」として新たな飼い主に譲渡する活動に力を注いできた。だが2020年度に全国の自治体が引き取った犬は2万7635匹。00年度には28万匹余りが引き取られていたから、この20年で10分の1まで減ったことになる。自治体の収容数が減れば、自治体を通した保護活動は下火になってくる。こうしたなか、業者の犬を引き取り、保護することに軸足を移す団体が増え始めているのだ。

 先の業者も、以前は自分たちで繁殖引退犬のもらい手を探していた。そのために面と向かって「(繁殖犬の)使い捨てだ」と非難されることもあった。だが数年前から、動物愛護団体に引き取ってもらうようになった。「自分でもらい手を探すより楽。どんどん持っていってくれて助かってます。『使い捨て』批判も受けなくて済む。繁殖を続けていくのに、いまは団体さんがいないと困るというのが現実」と歓迎する。

 ただ、業者の犬を引き取って…

この記事は有料会員記事です。残り1281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    長島美紀
    (SDGsジャパン 理事)
    2022年1月24日17時0分 投稿

    【視点】「ペットを飼う」とはどういうことなのか、そのペットがどこからくるのか、非常に考えさせられる記事です。愛護団体が結果的に繁殖業者のサポートをすることになるという状況は、日本のペット産業をめぐるねじれた現状を示していると感じました。 問題