日米首脳会談の要旨 経済版2プラス2の立ち上げに合意

[PR]

 岸田文雄首相とバイデン米大統領が21日に行った日米首脳会談の主な内容は次の通り。

 【経済】

 経済安全保障について緊密な連携を確認。外務と経済を担当する閣僚による「日米経済政策協議委員会」(経済版2プラス2)の立ち上げに合意。日米間の経済協力や相互交流を拡大・深化させる。

 日米協力をインド太平洋地域に拡大していく。日本は、インド太平洋経済枠組み(IPEF)を含む米国の地域への関与を歓迎。

 【インド太平洋】

 「自由で開かれたインド太平洋」実現に向け、強固な日米同盟の下、緊密に連携。バイデン大統領の訪日を得て、日米豪印首脳会談を本年前半に日本で開催する。

 【安全保障】

 首相は、新たに「国家安全保障戦略」「防衛計画の大綱」「中期防衛力整備計画」を策定し、日本の防衛力を抜本的に強化する決意を表明。大統領は極めて重要な防衛分野における投資を持続させることの重要性を強調した。

 大統領は、日米安保条約第5条の尖閣諸島への適用を含む、揺るぎない対日防衛コミットメントについて発言。

 【中国】

 東シナ海南シナ海における一方的な現状変更の試みや経済的威圧に反対する。台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す。

 香港や新疆ウイグル自治区の人権状況について深刻な懸念を共有。

 【北朝鮮

 北朝鮮による核・ミサイル活動は、国際社会の平和と安定を脅かすもの。国連安保理決議に沿った北朝鮮の完全な非核化に向け、日米・日米韓で緊密に連携。

 首相は、拉致問題の即時解決に向け理解と協力を要請。大統領は改めて支持。

 【日米韓】

 共通の課題への緊密な協力の重要性を確認し、強固な3カ国関係が不可欠と強調。

 【ウクライナ情勢】

 ロシアによるウクライナ侵攻を抑止するためにともに緊密に取り組む。首相は、いかなる攻撃に対しても強い行動をとることについて、米国や国際社会と緊密に調整を続けていくことを約束。

 【核軍縮】「核兵器のない世界」に向けてともに取り組むことを確認。

 【コロナ対策】在日米軍施設や周辺での取り組みの調整を進め、感染拡大防止のために引き続き緊密に協力。