「朝令暮改と言われながらも…」自民・高市氏 岸田流コロナ対策評価

自民岸田政権

楢崎貴司
[PR]

 自民党高市早苗政調会長は22日午前、富山市であった党所属の衆院議員のセミナーにオンラインで参加した。政府の新型コロナ対応について、「岸田首相は『朝令暮改』と言われながらも、現場の声を聞きながらベターだと思ったことは即断即決で柔軟に対応している」と述べ、「岸田流」の手法を評価した。

 また、今国会での提出が予定されている「経済安全保障推進法案」について、「感染症対策以外に今国会で最大のテーマ」と強調した。その上で、「1回の国会で成立する法律ではない。リスクは年々変わっていくので、何度も何度も法改正が必要だ」と語った。

 当初、高市氏は今週末に富山とともに石川、新潟両県を実際に訪れて講演する予定だった。しかし、コロナ対応の「まん延防止等重点措置」が適用された東京都小池百合子知事が、都道府県をまたぐ移動の自粛を呼びかけたこともあり、オンライン参加に切り替えた。高市氏は講演で「富山に入っておすしを食べたいと切望していた」と残念がる場面もあった。(楢崎貴司)