東京中日スポーツの記者が盗用、サンケイスポーツの記事から

[PR]

 東京中日スポーツは22日、2021年に掲載した記事2本がサンケイスポーツからの盗用(無断複製)だったとして、この記事を取り消し、サンケイスポーツに謝罪したと報道した。

 東京中日スポーツの報道によると、サンケイスポーツが10月23日に配信した俳優真瀬樹里さんに関する記事と12月7日に配信した映画浅草キッド」に関する記事を芸能担当の記者が、ほぼそのまま写して出稿した。記事は同日付の電子版に配信され、翌日付紙面にも掲載。中日スポーツ紙面にも掲載された。東京中日スポーツによると、サンケイスポーツから今月、「酷似している」との指摘を受けて記者に事情を聴いたところ、盗用を認めたという。

 東京中日スポーツ総局の前田真弓局次長は「報道機関として絶対あってはならないこと。社内調査の上、厳正に対処する。二度とこのようなことが起こらないよう対策を講じる」と話している。