ゴジラ作曲者の故郷・釧路、スペイン拠点のピアニスト念願の演奏会

有料会員記事

武沢昌英
[PR]

 映画「ゴジラ」のテーマ音楽などで知られる北海道釧路市出身の作曲家、伊福部昭氏(1914~2006)。その楽曲を、伊福部氏の故郷の地で弾きたいという思いを抱いていた女性ピアニストの西澤安澄さんが2月11日、念願のリサイタルを釧路市の道立釧路芸術館アートホールで開く。

 西澤さんは現在、スペインを拠点に世界各地で演奏活動をしている。以前から伊福部氏の作品を好んでおり、故郷の釧路での公演を切望していた。そんな思いを、知人を通じて聞いたのが、伊福部氏の教え子の一人で同市在住の作曲家、石丸基司さん(61)だった。

 石丸さんは東京音楽大学在学中、当時、学長だった伊福部氏に師事した。卒業後、釧路で音楽活動を始め、1998年には伊福部氏の業績を伝える「くしろ伊福部昭の会」を設立し、会長を務めている。西澤さんの思いをかなえようと、昨夏ごろから会場の確保やプログラム作りなどの準備を進めてきた。

 年明け以降も、西澤さんと電…

この記事は有料会員記事です。残り261文字有料会員になると続きをお読みいただけます。