太宰府天満宮で「飛梅」開花 菅原道真公まつる本殿側から

[PR]

 福岡県太宰府市太宰府天満宮にある「飛梅」が22日、5輪ほど花を咲かせた。八重咲きの白い花が、ひとあし先に春の訪れを告げている。

 梅を愛した菅原道真公を慕い、京都から一夜にして飛んできたと伝わる。境内には約6千本の梅があるが、真っ先に咲き始めた。

 この日咲いた飛梅はほとんどが北側の枝。南の方が日当たりがよいのに、毎年なぜか北から咲くという。飛梅の北には本殿があり、神職は「天神様のお近くだからかもしれません」。