サウナの後は氷結湖でクールダウン、冬の十勝で究極に「ととのう」

有料会員記事

中沢滋人
【動画】サウナー究極のクールダウン 十勝で氷結湖に入る「アヴァント」=中沢滋人撮影
[PR]

 凍結した湖面に穴を開けて、サウナ後に水風呂代わりに入る「アバント」。サウナの本場フィンランドで愛されているクールダウンの方法だ。そんなサウナーあこがれのアバントを体験できる施設が、北海道十勝地方に今月、お目見えした。

 1月15日。十勝平野の北西部。大雪山国立公園にほど近い新得町のダム湖「屈足(くったり)湖」は、凍結して一面の雪に覆われていた。湖畔近くの一角に、1メートル×1・5メートルの穴が開けられ、約15センチの氷の下から水がのぞいている場所がある。

 湖畔のサウナ小屋で十分に温まった水着姿の男性たちが、勢いよく飛び込む。水温は0・9度。水から顔を出すと、「あ~、最高~」と声を出した。

 はしごを上って体をふき、傍らにあるイスで、湖上の風景を見ながら、満足げな表情で小休止を取った。厳寒の大自然の中で「ととのう」感覚を堪能した。

 体験した帯広市のサウナ熱波…

この記事は有料会員記事です。残り744文字有料会員になると続きをお読みいただけます。