平原綾香さんが説く「生の音」の魅力 コンサートはお風呂と一緒で…

有料会員記事

聞き手・小原智恵
[PR]

 「平原綾香と開くクラシックの扉コンサート2022」は、ユニークな趣向が人気のコンサートだ。クラシック音楽をモチーフにした曲に詞をつけて歌ってきた平原さんが、お気に入りのクラシックをオーケストラの演奏と共に解説し、オケとの共演で平原さんの歌声を楽しむ構成になっている。今年も開催されるコンサートを前に、どんな思いで曲に詞を付け、どんな思いでコンサートに臨むのかなどを聞いた。

 ――昨年の「クラシックの扉コンサート」はコンサートが少ない中で行われました。現在の活動について教えてください。

 コロナ禍の自粛が明け始めてから、アイスショーで歌い、ドラマに出て、アルバムを出し、コンサートツアーもしてバタバタしていましたね。ミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳」にも出演しました。

 「平原綾香と開くクラシックの扉コンサート2022」は愛知県芸術劇場(名古屋市東区)で、2月26日午後4時半開演。チケットは各種プレイガイドで。1月29日には埼玉県所沢市で関東初となる公演もあります。

 ――昨年の「クラシックの扉コンサート」はいかがでしたか。

 オーケストラの響きはやっぱりいいですね。本当の生音というものを体感しました。

 ――コンサートで「どんなに…

この記事は有料会員記事です。残り1781文字有料会員になると続きをお読みいただけます。