釜石からトンガへ思い届け ラグビー・リーグワンで支援活動

[PR]

 東日本大震災の被災地である岩手県釜石市を本拠とする釜石シーウェイブス(ラグビー・リーグワン2部)が23日、東京・秩父宮ラグビー場で行われた試合で、海底火山の大規模噴火で被害を受けたトンガへのチャリティー活動を行った。

 会場前のブースでトンガ国旗と「PRAY FOR TONGA」と書かれたチャリティーTシャツを販売。募金箱も設置し、支援を呼びかけた。選手たちも試合前の練習で、同じTシャツを着てトンガに思いを寄せた。対戦相手の日野レッドドルフィンズもトンガを支援するタオルマフラーを販売した。

 釜石にはトンガ出身のスタッフ、マヘ・トゥビさんが所属する。桜庭吉彦GMは「困っている人を助けるのがラグビー精神。自分たちに何かできることはないかと急いで準備しました」。用意したTシャツ200枚は約1時間で完売したという。西畑志朗