• アピタル

「切り札」のコロナ飲み薬 ハードルは「5日以内投与」と「供給量」

有料会員記事新型コロナウイルス

市野塊
[PR]

 軽症者向けの新型コロナウイルスの飲み薬として、米メルク社の「モルヌピラビル」が昨年末から使われ始めた。政府が「切り札」とする飲み薬だが、発症5日以内に飲む必要があるため迅速な診断が不可欠だ。供給量も限られ、今後の感染拡大によっては、必要な人に薬が行き届かない事態になりかねない。

国内初の軽症向け飲み薬 重症化しやすい人に

 「薬を飲みたいという患者さんが結構いる。薬をもらうと安心感があるみたいです」。モルヌピラビルを扱う東京都渋谷区の「みいクリニック」の三島千明院長はそう語る。院外の仮設テントでPCRや抗原定量検査をし、新型コロナへの感染がわかれば、飲み薬を処方する。

 この薬は誰もが使えるわけではなく、現状では高齢者や基礎疾患、肥満があるなど重症化しやすい人に使用は限られる。渡される薬のボトルには40錠入っており、1回4錠を1日2回、5日間続けて飲む。流行するオミクロン株にも有効だとされている。

 クリニックでは、診断後に患…

この記事は有料会員記事です。残り1334文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]